ハロー引越センターでしっかりとした引越しをして貰いました

単身赴任でとある地域に住んでいたのですが、中学に上がる長男の進学のため、夫を残して私と子どもたちだけで実家の近くに引っ越しをしました。

 

夫はそのまま残るので、私達の家電などはほとんど新しく揃えなければならなかったので、コンテナなどを借りずにハロー引越センターの単身系パックを利用して必要な最小限のものだけを送るというちょっと特殊な引っ越しでした。

 

それでも、3人分の衣類や勉強道具などもありましたので、宅急便などを利用してダンボールで送れるものは送り、単身赴任パックには大型の冷蔵庫やちょっとした家具などを梱包してもらうことになったのですが、、、

 

予想以上に多くなってしまい、単身赴任パックに入るのかとやや不安。

 

ハロー引越センターはここまで安く値引きできる!?

ところが引っ越し業者さんはやはりプロでした。

 

まるでテトリスのようにあれよあれよとすべての荷物をちいさな単身赴任パックのコンテナに詰めてくれました。

 

冷蔵庫に衣装ケースにサイドテーブル、エアコンなどなど、、、結構な荷物がありましたが、限られたスペースに上手く隙間なくつめていく作業は見応えがありました。

 

また、ベッドなどは送料が高いので引越し先で購入した方が良い、、、などのアドバイスも有り、限られた予算の中でお引越しを完了することができたのも引越し業者さんのプロ技のたまものだと感謝しております。

 

大手だったこともあるかもしれませんが、相談から引っ越しまで最後までパーフェクトでした。

【引越し後体験談】下の階の人と相性が合わなくて……

 

3年程前、ハロー引越しセンターで引っ越ししたばかりの頃。

 

私は上の階に住んでいて、下の階には顔を合わせる度に気になったことを言ってくる人がいる。

 

ある日、ベランダに毛布を干していた。

 

そして気づかぬ内に飛ばされてしまっていたらしい。

 

今になって思うと、住んでいる所は比較的風が強く吹きやすい場所なんだと分かっている。

 

でもその時はまだあまり気にしていなかった。

 

運の悪いことに、下の階の人のベランダに引っかかってしまっていたらしい!!!

 

出かけようと階段を下りる途中に、廊下の荷物の上に私の毛布が置いてあった。

 

その時に初めて飛ばされていたことに気づいた。

 

誰かが拾って置いていてくれたみたいだったけど、どの人か分からなかったからお礼ができなかった。

 

数日後・・・下の階の人に会った。

 

「こないださ、毛布置いてあったの分かった?」と聞かれ返事をすると

 

「あれ私が置いたって分からなかった?」と言われた。

 

すぐに謝りとお礼を言ったが話は終わらなかった。

 

それからは人が降ってきたかと思ったとか、ちゃんととめてるのかとか・・・。

 

挙句の果てには他の注意することまで言い始めて。

 

でも自分の不注意だと思ったからひたすら謝った。

 

それで言うことがなくなると「お互い気をつけましょう。」と締めて話は終わった。

 

こういうのが何度もあるととてもしんどい。

 

それからは、毛布を干す時にはこれでもかというくらいとめ、度々飛んでないか見るようになりました。

 

それ以外にも足音や物音があまりたたないようにしたり、まず文句を言われるようなことをしないように日頃から気をつけています。

 

そして何よりも会うことを避けるようになりました。

 

下の人の音も結構響くので出かける時とか家にいるんだなとか分かります。

 

会わなければ何も言われないのでそれが一番の改善策なような気がします。

 

しかしその結果、とてつもなく住みづらいストレスの溜まる生活になりました。

 

もともと気にしいの性格なので、必要以上に神経質になっていしまい自分の部屋なのにリラックスできないような感じです。

 

あまり気にしないようにしていますが、現在もその状況なので少しでも早くこの家から引っ越したいと思っています。

 

更新履歴